借り入れ ゆるい 審査

キャッシングやローンの審査に通らない裏事情とは

キャッシングやローンの審査を受けたけれど審査に落ちてしまった、といった場合に、その原因がいったい何だったのかを、いちいち教えてくれるようなキャッシング会社やローン会社は、現在のところは残念ながらありません。

 

お金を借りようとしている側からすると、ただでさえ「借金」という少々後ろめたい気分でもあるのに、さらに審査にまで落ちた・・・となると、もう落ち込んでしまいますよね。

 

自己破産とかはしていないから、きっとブラックリストには載っていないはず、それなのに審査に通らない・・・。こんな場合の理由として考えられることとして、次のようなポイントがあります。

 

他社借入れ件数

 

まず考えられるのは、他社からの借入れ件数です。これがある一定の許容範囲を超えている場合は、少々やっかいです。審査が通らない原因としては、実はこれが理由になっていることが圧倒的に多いようです。

 

消費者金融は、他社からの借入れが何社までだったら審査に通るのか、といったことを公にすることができないという裏事情があるようです。そのため、すでに他社からの複数の借入れがある場合に、新しく借りようとして何件も申し込みをしても、どれも審査が通らない、という結果になってしまうようです。

 

申し込みブラック

 

上記のように、何社にも借り入れの申し込みを行ってしまった、ということがネックとなる場合があります。これは「申し込みブラック」などとと呼ばれています。

 

短期間の間に3社以上の消費者金融に借入の申込みをしている人は多重債務になる可能性が高い、と判断され、貸付を受けることができなくなってしまった状態のことをいいます。各キャッシング会社は、個人の借入に関する情報を独自に調査しているのではなく、信用情報機関と呼ばれる団体に照会することで得ています。借入申込の情報は信用情報機関に1ヶ月間残りますので、一旦「申し込みブラック」の状態になると、その1ヶ月間は借入れができなくなってしまうことが多いようです。

 

「申し込みブラック」として扱われる要素としては、信用情報機関からの情報の他にも、勤続年数が3ヶ月未満である、居住確認や在宅確認が取れない、職業が金融会社の社内規定でNGとなってる、自宅電話や携帯電話が料金未納で止められている、などの様々な理由が絡んでいるようです。

 

まとめ

 

数多くの消費者金融の中には審査基準のゆるい消費者金融もあります。しかし、審査基準のゆるい消費者金融に申し込む場合でも、上記のような情報を知っておかないと、何件も問い合わせ、申し込みをして、その結果「申し込みブラック」となってしまうという悪循環に陥ってしまうこともありますので、注意が必要です。