借り入れ ゆるい 審査

最も重要視される審査基準

消費者金融で借入れをする際、最も重要視される審査基準が実は他社借入れ件数なのです。

 

もちろん、ブラックであるかどうかは重要となりますが、ブラックではないものの、多重債務者であるといった場合においては、その金額よりも他社借入れ件数が重要視されます。

 

消費者金融で融資を受ける場合、審査の流れはまず信用情報機関への照会から始まります。各消費者金融が加盟している個人信用情報機関に対して、他社への借り入れ状況などについて調査します。この他社への借り入れ件数が、各消費者金融業者の基準範囲内であれば、多少収入が少ないなどのマイナスポイントがあったとしても、貸付が可能となる場合が多いようです。

 

次に属性をみます。
この属性とは、過去の顧客データを基礎に、利用者に一番近いモデルを探し出すことをいい、そのデータを元に申込者の利用限度額などを決めます。似たような境遇の過去の利用者から、申し込みを行った人の未来を予測するということなのですが、中には、その属性モデルが最悪だった場合には断られることもあるので、侮れません。

 

他にも、勤続年数が3ヶ月未満であるとか、居住確認や在宅確認が取れない、職業が金融会社の社内規定でNGとなってる、自宅電話や携帯電話が料金未納で止められているなど、様々な理由が絡んできます。

 

中には審査基準のゆるい消費者金融もありますが、こうした情報を知らないと、何件も問い合わせし、申し込みブラックとなるという悪循環になることもあるので、借入れをする場合には、それなりに下調べをしたほうが良いようです。